岩手温泉の旅 時々県外

岩手県に単身赴任で引っ越してきました。暇ではじめた温泉めぐりで温泉のよさに目覚めました!

これまで行った温泉の地図まとめはここをクリック!

酸ヶ湯温泉 青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢

八甲田山に登山に行き、
下山後に全国区の有名な酸ヶ湯温泉に入って来ました。
以前、一度宿泊も体験済みですが、紹介したいと思います!


八甲田の景色
●アクセス
十和田に住む友人の家に前泊していきました。
十和田からは、40キロの距離。
だいたい約1時間で行けます。
盛岡からだと、170キロ程で東北道の黒石インターから行けば2時間程で行けます。

温泉の外観
●宿の雰囲気
温泉旅館です。
シックな作りながら中は綺麗です。
宿に泊まった当時の記憶(3年ぐらい前)だと、湯治部の方は昔ながらの木造でギシギシ音がする作りだったと思います。
混浴のメインのお風呂と改装した男女別のお風呂と二種類あります。
お風呂どちらか一方だけだと、確か600円。
二つのお風呂とタオル付きで1000円です。

メインの混浴風呂(ひば千人風呂)の入り口
●風呂数
メインのひば千人風呂には、
大きな湯船が二つと打たせ湯、かけ湯があります。
二つの湯船でお湯の温度が熱めとぬるめが選べます。
それぞれ大きな湯船で大人数が入れます。
シャワーや洗い場はありません。
また、露天風呂もありません。
しかしながら、全て木造の古いお風呂の作りが雰囲気を出してくれ、温泉宿に来たぞと思わせてくれます。
一方の男女別の玉の湯は最近改装され、綺麗な作りです。
宿泊者が体を洗ったりできるように、
リンスインシャンプー、ボディソープも完備。
シャワーもあります。
湯船も小さいながらひばのお風呂が付いていました。

上手にお風呂に入る指南

男女別のお風呂の入り口。奥は湯治の宿泊スペース
●お湯
硫黄臭の漂う白濁のお風呂です。
味を確かめたところ、少し酸っぱい味のするお湯でした。
流石、酸ヶ湯というだけあります。
言葉では伝えきれませんが、
とても特徴的でいかにも効果のありそうなお湯です。
このお湯に入りに青森まで行く価値はあります。
●混浴
酸ヶ湯は混浴を守る会というのをやっているようで、
もちろんひば千人風呂は混浴です。

昔の写真では、男女がいりまじって入っていたようですが、
今は女性の脱衣所から湯船まではついたてがされており、
女性でも入りやすい配慮がされていました。
また湯船にも謎の男女を分ける結界が。
しかしながら、混浴に期待するおっさん集団がたくさんいましたので、
注意が必要かと思います。
宿泊時には女性専用時間があるようです。


●料金
1000円/大人1人 お風呂二種類タオル付き
600円?/大人1人 お風呂一種類タオルなし
●その他
登山の後に入る際に、
湯に浸かって汗を流すだけでいいのであれば、
一ヶ所のお風呂の券を買って入るのが
いいと思います。
一方で、キャンプなどで利用する場合は、
タオル付き券を買った方が体も洗えていいでしょう。
●個人的評価
ロケーション 5/5
お湯質 5/5
雰囲気 5/5
秘境度 5/5
オススメ度 5/5
URL http://www.sukayu.jp/charge/index.html